食をテーマに生きている人のブログ。

TABETEというフードシェアリングサービスを運営中。食×ITで食の常識を変えたい。

メルカリアッテ初心者が最速何日で売れるのか検証してみた

 

f:id:saorishinoda1214:20171213022632p:plain

 

 

こんにちは!しのだです。

メルカリはよく使用します。しかし、メルカリアッテは何となく会うのが怖くて控えてました...、ついに売りたいもの かつ 郵送できないもの(ベッド)が出たので「使うなら今しかない!」ということで使ってレビューをしてみました!

 

 【登場人物】

f:id:saorishinoda1214:20171213025428p:plain

篠田

新しい物好き。最近ビタミン剤にはまっている。

 

f:id:saorishinoda1214:20171213025404j:plain

チャコ

篠田の愛犬。気を抜くとブサイクになる。

 

そろそろベッド買い換えるんだけど古いのどうしよう...買取とか大変なんだよなこういうの。どうしようかな...

 

わんわん

 

なんだチャコ

 

メルカリアッテを使ってみてほしいわん

 

(唐突すぎてステマ感がやばい...)メルカリアッテって会ってやりとりするんでしょ?なんかいきなり会うの怖くない?

 

お前と会って得する奴なんておらんから安心しろ。まずはやってみぃや。

 

(顔...)

 

使い方なら教えてあげるよ。まずはそのベッドから出品してみ。

メルカリアッテとはなんぞ?

 メルカリアッテとは、メルカリと同様の物の売り買いができるCtoCアプリです。一番の違いは、名前通り会って渡すこと。手数料無料で、郵送では難しい大きなものも出品対象になるのが大きなメリットです。

 

f:id:saorishinoda1214:20171213035819p:plain

f:id:saorishinoda1214:20171213035831p:plain

f:id:saorishinoda1214:20171213035842p:plain

 

 実際に使ってみた

①出品する

まずはメルカリと同様に、「出品する 」ボタンから出品メニューを選択します。ここから以下6点について出品項目を埋めて行きます。

①写真(4つまでOK)

②カテゴリー

③商品名

④説明

⑤価格

⑥場所

今回は実際にニトリで購入した青いベッド を出品してみました。もともと10000円前後だったのですが、買取で料金を取られるくらいなら0円でもありがたい話。とはいえ、状態が良いのを良いことに「有料でも売れるんじゃないか?」と強気の3000円で設定。

 

f:id:saorishinoda1214:20171213031131j:plain

中でも感動したのは、この場所情報。タップすると、自動的にマップで現在地が表示されます。正確な位置情報は安全性のために表示されないようになっているので、購入者がだいたい近い場所で取りにいけるかを判断できる仕様になっています。

f:id:saorishinoda1214:20171213031339j:plain

 

②購入依頼が来る

そうこうしている間に...何とわずか1日で購入依頼が!!!

しかも2人から同時に依頼がきた!!!

ベッドやばいな!

f:id:saorishinoda1214:20171213032156j:plain

f:id:saorishinoda1214:20171213032240j:plain

画像でも分かる通り、2人のうち後者の方で交渉をさせてもらうことにしました。後者の方を選んだ理由は二つ。

①アイコン写真が設定されていた

②プロフィールの情報が充実していた

これは販売側の意見ですが、やはり実際に会うからには少しでも相手のことがわかっている人とやりとりをしたいもの。メルカリと違って相手との直接的なやりとりがあるので、信頼関係の構築のためにはある程度のプロフィールの充実は必須かと。

私の場合は特に今回ベッドを販売したので、変な人には売りたくないなぁという基準で購入してくれる人を選びました。

③交渉する

販売相手を決定したら、あとは具体的な日時を決めるだけ。ここから先はチャットでの会話になります。今回はベッドだったので車できてもらうか?解体は事前にしておくのか?などの話がメインになりましたね。

f:id:saorishinoda1214:20171213032701j:plain

 

④引き取りに来る

 実際に引き取りにきます。果たして彼はプロフィール通りの人なのだろうか...?!

家の前に黒のオデッセイが到着...

きた...!!!

f:id:saorishinoda1214:20171213033601j:plain

(※本人に似ているフリー素材の方を使用しました。)

「どうも、メルカリアッテで連絡を取らせていただいた○○です!篠田さんですか?」

おおお...!よかった!良い人そう!!!多分!

 

 

⑤商品を渡してお金を受け取る

「○○さんですね!!ベッドは解体しておきました!これ積んじゃいますね!」

(一緒に車に詰め込む)

「あー助かりました!ありがとうございます!じゃあ、コレ!3000円でしたよね!」

f:id:saorishinoda1214:20171213034116j:plain

 

 (現ナマで渡されるのか...!なんか新鮮だな)

「ありがとうございます!」

「はーい!こちらこそありがとうございました!では!」

ブロロロ....

 

検証結果まとめ 

検証:メルカリアッテ初心者が最速何日で売れるのか?

→メルカリアッテ初心者でも、出品して1日で購入依頼がきて、3日目には好青年に買われる。 

 

ほら、思ったより簡単にできたやろ

 

うん、なんか拍子抜けした感じだったわ。確かにどんな人に購入してもらうかは慎重に選ぶ必要があるけど、出品しただけで住所がバレたりしないのは安心だね。

 

次からも粗大ゴミに出すくらいなら、メルカリアッテを使ってみたらええよ。

 

ほんとだね!チャコありがとう!

 

マージンよこせ。

 

(たくましいな...)

 

 今回初めて使ってみましたが、メルカリを使ったことがある方なら殆ど戸惑うことなく操作できると思います。私はめんどくさがりで郵送が嫌いなので、購入者が良い人そうならメルカリよりメルカリアッテの方が個人的には好きです。

年末大掃除で、まだ使える粗大ゴミが出た方は是非使ってみてくださいね!

それでは!( ・∇・)

 

面白かったら読者になってくれると嬉しいな!シェアも大歓迎だよ!

就活で50社以上受けた私が"GLIT"と"Wantedly"を比較してみた

 

f:id:saorishinoda1214:20171210115326p:plain

 

こんにちは!しのだです。

Tinderライクに使えるカジュアルなリクルーティングサービス"GLIT"というものがあるらしい。Tinderといえば、メルカリBOLDでアメリカに行ったときにTinderには大変お世話になりました。(ヒアリングで使ったんだよ!出会い厨じゃないよ!)

 

saorichako.hatenablog.com

 

 

しかもAIで自分好みの求人情報だけでてくるようになってくる...だと...!?気になりすぎたので、早速使ってレビューをしてみました!

 

ふむふむ。Tinderライクに使えるGLITか...確かに面白そう...

 

ちょっと篠田さん!

 

あっあなたは...

 

f:id:saorishinoda1214:20171210103844p:plain

GLIT代表の松本さんじゃないですか!

 

どうしたんですかこんなところに!

 

篠田さんがGLITについてブログに書いていると聞いてやってきたんですよ。

 

さすが耳が早いすね...

 

折角GLITの紹介をして下さるなら、篠田さんの壮絶な就活経験を活かした記事にして下さいね。

 

(すごい無茶振りやん...)

 

たしかに就活サービスはあらゆるものを使ってきましたので...わかりました、他の就活サービスと比較してレビューしてみます!

 

GLITとはなんぞや?

一番の特徴は「マッチング機能」「AI解析」です。今まで能動的に動くことが当たり前だった求人サービスで、まさかの受動的に使えるサービスを実現したといえます。GLITは、リクルーティングサービスでいうと3.0世代だと思います。

1.0世代→リクナビマイナビ:数ある求人に、自分から応募する

2.0世代→wantedly:企業と求職者が双方に動くマッチング

3.0世代→GLIT:数ある求人が、サービス側からレコメンドされる

 

更に、GLITはそのシンプルな利便性・AIによって自分好みの情報だけを得られるワクワク感を売りにしています。

f:id:saorishinoda1214:20171210104629p:plain

f:id:saorishinoda1214:20171210104642p:plain

f:id:saorishinoda1214:20171210104653p:plain

 

他のサービスとくらべて強みは?

分かりやすく、就活生おなじみのサービスWantedlyと比較してみました。

f:id:saorishinoda1214:20171210110534p:plain

比較① 各サービスの強み

Wantedlyは、もはや若年層のリクルーティングプラットフォームとして老舗のような安定感があります。その分、データもかなり蓄積されていて、自分好みの求人が必ず3.4個は見つかるはず。企業側・ユーザー側共にマッチングしやすい土壌が出来上がっています。

GLITは、まだまだデータとして登録されているものが少ないので、マッチングの精度自体はまだまだ低いです。それでも、フリックをしている内に自分好みの求人に絞られてきている感覚はかなりありました。

 

比較② SNSとの連携

f:id:saorishinoda1214:20171210114434j:plain

ソーシャルでの拡散能力に関しては、wantedlyがかなり強いです。さすが「ソーシャルリクルーティングサービス」として認知されているだけあり、SNSとの連携がガッチリ組まれています。そのため、どんな人が応援しているのかが見れる。さらに、その会社と関連する自分の知り合いなどもFacebookと連携して見られるので安心感があります。

 

 

比較③ 応募の心理的ハードル

f:id:saorishinoda1214:20171210114652p:plain

心理的ハードルは、GLITの方がとても低いです。

①レコメンドをフリックする←

②企業からチャットメールがくる

③興味がある企業だけ日程調整する

ユーザー側としてやることは、右か左にフリックするだけ、という超単純な作業です。たったそれだけで、自分の好きな企業とだけマッチングできるので心理的ハードルは非常に低い。

まとめ:使ってみてぶっちゃけどう?

f:id:saorishinoda1214:20171210114714p:plain

個人的には、かなり使いやすいです。ただフリックしているだけで、自分好みの求人しか情報が入ってこなくなるので、個人最適化されている実感がありました。これからデータが蓄積されてくれば、更に精度が上がるんじゃないかとかなり期待しています。使い分けとしては、こんな感じ↓

wantedly→超絞り込んで検索がしたい!企業情報を詳しく知りたい!

GLIT→検索面倒くさい!自分の軸がまだ決まってない! 

「まだ自分の興味がよく分かってないよ」 という学生さんは特に、「実は自分てこういう傾向があるんだな」という気付きを与えてくれるツールとしても使えます。

 

ほんとに次から次へと便利なサービスが出てきて、見ているだけで個人的には超ワクワクしてきます。就活生のみなさんには、是非このあたりのサービスを有効活用して頂きたいですね!

19卒の皆さん、がんばってください!篠田が応援します!(・∀・)

それでは!

 

面白かったら読者になってくれると嬉しいな!シェアも大歓迎だよ!

【完全保存版】2017年はてブ1位記事を総まとめ!人気記事の"3つの分類"とは?

 

f:id:saorishinoda1214:20171208231031p:plain

 

 

早いもんで、今年ももう終わりねぇ。

 

今年はどんな学びがあった?

 

そりゃもう色々・・・今年はブログも始めたしね!上手なブログを沢山見て勉強したんよ。ほんと頑張った。

 

今年一番ためになったブログは?

 

うっ・・・なんだっけか・・・沢山面白いブログ見つけたのに思い出せん。。。

 

そんなことだろうと思って、今年一番人気だったブログを1年分まとめておいたぞ。

 

さすができる男!!!

 

今年も面白いはてブが沢山誕生しましたね!せっかくなので、2017年週間はてブランキングで1位を獲得したブログだけ、厳選してまとめてみました!(各月ごとの第一週目のランキングから引用しています。)最後のまとめでは、今年の記事の傾向を3つに分類した結果も公開しています。

 

 

【1月】ベンチャー系行ったらレベルが高すぎて辛い。 - 負け犬プログラマーの歩み

crapp.hatenablog.com


フルスタックエンジニアとして自信のあった筆者。バリバリ系のベンチャーに入って職場の「本当にできるエンジニア」に囲まれて初めて気付いた「本当にできるエンジニア」について分かりやすく解説してくれています。

ベンチャーに行こうか迷っているエンジニアさんに読んで欲しい記事。

 

 

【2月】マンガ『マスターキートン』の知識「砂漠ではスーツがいい」は本当か? マジの砂漠にスーツで行ってみる - それどこ

 

srdk.rakuten.jp

マスターキートン」 という漫画に書いてあることを、実際に砂漠にいって全部実践している相当やばい記事。砂漠で水作ってみたり、草の根っこを食べて吐いたり。テレビコンテンツ並みのクオリティです。とりあえず砂漠はスーツが最強説は実証されました。

 

【3月】【1分で分かる】LINEが世界で負け続ける本当の理由

 

www.ogura.blog

 筆者である小倉さんが、LINEへの愛情が重すぎるゆえに、LINEの至らない点をこれでもかと指摘しまくっている記事。この記事を読んでから、アプリの「タブの位置」にめっちゃ敏感になった。UI・UXに関わっている人は必読。

 

【4月】モテる人はこんなに考えています! 恋愛コラムニストに聞く、実践的デート会話術 - それどこ

 

srdk.rakuten.jp

 タイトルからして面白さが伝わってくる良良良記事。14個のポイントとタモリ式会話術」など、目からウロコのテクが惜しげもなく紹介されています。デートだけじゃなくて、サシ飲みが苦手な人にも読んで欲しい記事。

 

 

【5月】弁護士が車に轢かれた結果を晒してみる

 

miurayoshitaka.hatenablog.com

車に轢かれた時、何かの事故に巻き込まれた時、保険会社から開示される保障金額。この金額って本当に妥当なんだっけ?という疑問をおこさせてくれる記事。被害者の無知につけこんでくる保険会社は本当に存在するようです。

【6月】システムをハックする首相

 

d.hatena.ne.jp

 「あの総理が失言」「また失言」とよく騒がれるけど、それって何で許されちゃうの?それを防ぐ仕組みってないの?と政治のシステムから切り込んでいく記事。相当ボリュームがあり、読み応え抜群です。

 

 

【7月】PythonでWebスクレイピングする時の知見をまとめておく - Stimulator

 

vaaaaaanquish.hatenablog.com

「 まとめておく」という言葉通り、これでもか!という情報量の記事が分かりやすくまとまっている記事。これだけで本が書けそうなレベル。有用な参考書籍もたくさんのっているので、このあたりの知識をつけたい方にオススメ。

 

 

【8月】独り身女へのプレッシャーinアメリカ

 

dcdemorouhi.hatenablog.com

 日本で良い年頃になったら言われる「そろそろ結婚は?」と迫られる現象。これは日本固有のもので、アメリカみたいに個人主義の国にはないのだ!!!と思ったらそうでもないという記事。日本とアメリカでは違う種類でのプレッシャーがあるようです。アメリカ社会=個人主義社会=夫婦主義社会」で、「パートナーがいない=とっても可愛そうな人」と受け取られるらしい。。。気になった人は記事へどうぞ。

【9月】人間にとって「運動が最強のストレス解消法」である理由を知ったら運動が習慣になった - 意識高い系ズボラ

 

www.wanabe.net

 「社会人になってから運動してないな〜。でも時間ないしな〜。」とか言ってる場合じゃねぇ。この記事は全社会人に読んで欲しいです。「運動→ストレス解消」ではなく、「ストレス→運動させるために発生する」という事実が存在する。科学的なストレスと運動の因果関係についても書いてあり、これを読んだら運動せずにはいられなります。

【10月】他は忘れても、これだけは覚えてほしい!本当に旨いペペロンチーノの作り方 - ヒサログ

 

www.kato-hisaaki.com

 2017年で唯一のレシピ記事!期待通りの超優良記事です。ゆで汁の塩加減」・「乳化」・「火加減」というたった3点されど重要な3点にフォーカスして説明してくれています。

 

 

【11月】日本のITエンジニアがイノベーティブでないのは暇じゃないからかもしれない

 

simplearchitect.hatenablog.com

 タイトルからして波紋を呼びそうな記事。余白がクリエイティブな発想を生むとは聞きますが、実際に体験している方の記事は説得力がやばい。Busyの概念がそもそも日本人と海外では違うし、求められるのは業務時間の長さではなく、インパクト。この感覚が一番の海外との差なのかもしれません。

 

 

【12月】AWSの新サービス群に対する一行所感

 

blog.takuros.net

今年ラスベガスで行われた、AWSの最大のイベントre:Inventのレポートまとめ。発表されたサービスについてのコメントが豊富で、読み応えのある記事。AWSの最新情報が知りたい人に超オススメです。

 

まとめ

2017年の1位になった記事の傾向としては、以下の3つに分類できます。

①エンジニアのギーク系記事

ライフハック記事

③とにかくコンテンツが尖っているおもしろ系記事

自分はどこを攻めるべきか?この分野ならいけるかもしれない!というところを見極めながら記事を読むと、さらにインプットの質が高まるはず!

_

どの記事もめっちゃ勉強になるので、是非読んでみて下さいね!(・∀・)

それでは!

 

面白かったら読者になってくれると嬉しいな!シェアも大歓迎だよ!

 

 

メチャカリでどこまでオシャレになれるのか検証してみた

 

 

はあ・・・

 

どしたん

 

会社で芋っぽいてバカにされるわ最近。。。

 

そりゃお前・・・ダサいからなぁ

 

なんと!!!ちゃんと3着以上はもってるのに!

 

最低でも一週間着回せる服はないとアカンよ

 

まじか。。。

 

収入の殆どを食にまわしている私にとっては、服は食に比べて超絶優先順位が低い。しかも、「春夏秋冬×7バリエーション」なんて、とてもじゃないけど買いたくない。どうしたもんか・・・と思っていた頃に見つけたこのサービス。

「mechakari」

名前の通り「めっちゃ借りれる」らしいのです。

f:id:saorishinoda1214:20171207004430j:plain

 

なんと、「月額わずか5800円」「新品の服が借りホーダイ」らしい!まじか!!!いいのそんなことして!

f:id:saorishinoda1214:20171207004712p:plain

f:id:saorishinoda1214:20171207004819p:plain

f:id:saorishinoda1214:20171207004836p:plain

 

好きなブランドの服が、返却期限なく借りられるなんて本当なのか。。。そんな虫の良いサービスがあっていいだろうか。

 

早速使ってみる。

10分ほどあさりまくって、2つほど欲しいものを決定。

中々自分の好きなブランドが無かったので探すのに苦戦。

 

 

 

①購入してみる

こんな感じで、普通のECサイト同様に購入ができます。

ちなみに、ZOZOTOWNなどと比べるとそんなにブランド数は多くない。それでも十分服を選べるほどの品揃えはあった。あと、一度に保有できる服の点数は3着まで。つまり、3着以上借りようとするなら必ず返却というフローが必要になる、ということです。

f:id:saorishinoda1214:20171207005250j:plain

 

②届いた

2日で紙の袋に入って届いた。

MECHAKARIで買いましたよ!!!とひと目で分かる。

f:id:saorishinoda1214:20171207005325j:plain

 

③開けてみる

中身はこんな感じ。

・購入した服二点(ちゃんと袋に入った新品!)

・返却用紙袋

・返送用の発注書(着払い)

・納品書

ここまで丁寧に返送用の準備が入っているならたしかに楽チンかも。

f:id:saorishinoda1214:20171207005603j:plain

 

④着てみる

※スカートは購入したものではありません。

 

久々に新しい服を着たので気持ちが高ぶりました。これで写真をとって返送して、また新しいのを注文すれば確かにかなりの点数を着れることになりそう=オシャレ(爆)

f:id:saorishinoda1214:20171207005904j:plain

 

まとめ

返却さえ手間だと思わなければメチャカリでオシャレになれる。私の場合かなりズボラなので、既に最初に借りた3着さえ返却を忘れそうだな・・・と思ってます。後は、ブランドとかに特にこだわりがない女子であれば、月額5800円で3周くらいできるんじゃないですかね。つまり、1ヶ月に9着新しい服が着れると思えばかなりお得だと思います。

 

・服を買う時間が無い

・服を買うお金がない

・でもオシャレになりたい!!!

 

という人にはおすすめです(・∀・)

それでは!

 

面白かったらシェア+読者になってくれると嬉しいな!(・∀・)

 

 

食の交流会を1年半続けて分かった"自立型コミュニティ"の作り方

こんにちは!篠田です。

私が1年半続けている「食の交流会」というコミュニティが、どうやら最近リピーターも増えてきて、「良いイベント」として認識され始めているようです。そして、最近いい意味で運営側と参加者の境界線が曖昧になってきました

私自身、こんな状態のコミュニティを作れたのは初めてで「なんでこうなったのか?」と疑問に思っていました。そこから改めてじっくり考え、ここにノウハウを書き記しておくことにしました。

 

こんな方に是非読んで欲しいです(^o^)↓

・自分の好きなコミュニティを作りたい!

・熱量の高いファンが欲しい!

・場作りに興味がある!

 

 

今回のブログは「革命のファンファーレ」に書かれているコミュニティ論を読んだ後だとさらに理解しやすい内容になっています。

 

saorichako.hatenablog.com

 

 

自立型コミュニティとは?

f:id:saorishinoda1214:20171202103442j:plain

自立型コミュニティとは、参加者の手によって勝手にコミュニティが成長している状態です(自論)。自立型コミュニティになると、それまでとは違った現象が発生します。

・参加者が企画を持ち込み始める

・参加者が主催者よりもイベントにコミットし始める

・参加者がイベントをSNSで拡散してくれるようになる

こんな感じで、段々と運営と参加者の境界線が無くなっていきます。

 

作り方の手順

 

①自分をターゲットにしてイベントを作成する

f:id:saorishinoda1214:20171202102821p:plain

まずは「自分が一番欲している」コミュニティをイメージしてみて下さい。過去に「こんな人に会える場所があったら」「こんな場所があったら通いたい」思うことが何回かはあったと思います。難しいことを考えなくても、大丈夫です。その感情を言語化して、そのまま自分が最高に満足できるようなコミュニティを作ることだけを考えて下さい。私の場合、就活を1年半続けていたのですが「食関係で働きたいのに、コネがない!!」とかなり苦しんでいました。「食の交流会」は、そんな学生時代の自分を救うために作ったコミュニティなんです。自分の課題を解決するために作れば、まず途中で諦めないほどの熱量が確保できます。これが一番大切です。

 

②集客はFacebookグループのシェア+想いを込めたDM

f:id:saorishinoda1214:20171202103017p:plain

 

f:id:saorishinoda1214:20171202103013p:plain

集客はFacebookグループでのシェア②興味ありしてくれている人に、想いを込めたDMこの2つだけしかやっていないです。むしろ、この2つでほぼ十分だと思います。Facebookグループは、自分のコミュニティに関係するグループをひたすら検索して参加します。そのグループに自分のイベントをシェアしていきます。あくまで、本当にそのグループと親和性が高いと思ったところだけにシェアして下さい。そうじゃないと、逆にそのグループでの自分の信用を失うことになります。②は、必ず興味ありをしてくれた人にだけして下さい。その方のプロフィールを読んで、その人に来て欲しい理由をかけるとベターです!

 

③参加者に任せる→「作り手」を増やす

f:id:saorishinoda1214:20171202103347p:plain

自立したコミュニティにするには、主催者だけがイベントをまわしていても永遠に出来てきません。どんどん参加者が入り込める、「余白」を作ると良いです。食の交流会の場合、運営側の人数を少なく設定して、買い出しから片付けまで参加者の方に参加してもらう。(任意で)コンテンツも、毎回こちらで用意しません。一人ひとりの参加者の方と交流した上で「スパイス詳しいんですね!次回是非教えてくれませんか?」とコンテンツを作ってもらう。運営側で最初から最後まで完結させてしまうと、参加者が入り込める場所がなくなってしまいます。運営側で完結させないようにして、どんどん参加者が作り手に回れるサポートをしていくと自立型コミュニティが加速します。

 

 

まとめ

①のターゲット、②の集客でコミュニティの土台は出来上がります。①が出来ていいないと、参加者の気持ちを考えたイベントは出来ないし、そもそも9回も10回もイベントをやる熱量が湧かない可能性が高いです。②は、本当にコミュニティに興味がある人だけで集まる土台ができます。そして③で熱量の高いファン(アンバサダー)の人達を、どんどん作り手に回す。

 

 

自立型コミュニティができると、自分が嬉しい以上に熱量の多いファンが最高に楽しめる場ができあがります。これがもう本当に楽しいです。何より自分の手からコミュニティが離れるので、次のコミュニティ作成にとりかかることもできるんです。こうして転々と場作りをしていって、私自身としては小さな輪を作るお手伝いをしていきたいです。

 

もしこういうコミュニティやってみたい!とかあればお気軽にTwitterFacebookでご連絡下さい。

それでは!

 

 

 

 

 

 

【2畳暮らし】浅草ゲストハウスでガチ0円生活〜その1〜

f:id:saorishinoda1214:20171123015521p:plain

こんにちは!しのだです。

大学3年生の時、お金がなさすぎて浅草のゲストハウスで0円生活をはじめました。その時の生活がなんだかんだお得で超絶楽しかったので、もっと多くの人にこの生活をオススメできたら、何かの役に立つんじゃないかな〜と思って書きました。

<こんな人に読んで欲しい!>

・お金ない大学生

・英語をお得に話せるようになりたい人

・とりあえず田舎でて東京にきたい人

 

 

なんで浅草0円生活はじめたの?

f:id:saorishinoda1214:20171123020335j:plain

茨城の守谷市というところに生まれて、20歳まですくすく育ってきました。茨城にはとにかく刺激がありません。 とにかく一刻も早く東京にいきたいが資金がない。しかも茨城から目白にあるポン女(日本女子大)に通うの往復4時間かかる。つらい。。。

→そうだ、0円で働いて暮らせる場所を探そう。

そう思って、たまたまフィリピンで知り合った大学生の子に「浅草のゲストハウスならタダで働いて暮らせるよ。」と教えてもらったことが全ての始まりでした。

 

そもそもゲストハウスって?

f:id:saorishinoda1214:20171123022123j:plain

主に外国人のバックパッカーが素泊まりで使う簡素型の宿泊施設です。一泊3000円前後と超リーズナブルで、基本的にドミトリーが多いのが特徴です。殆どの設備は共用で、リビングで皆お酒かってきたり御飯作ったりして仲良くワイワイ過ごします(*´ω`*)私もスタッフなのにお客さんのご飯をよく食べてました笑

 

どんな物件?

浅草のゲストハウスで、大体20人くらいが泊まっている所でしたね。浅草のゲストハウスの中ではかなり小さい方でした。大きい所では50人を超えるようなところもありました。物件選びは人それぞれなので、自分に合ったものを選んで下さいね。

 

 

どうやって0円物件を見つけたの?

f:id:saorishinoda1214:20171123022218j:plain

ゲストハウスのサイトを片っ端から探しました。その中でも、以下の条件に当てはまるところに探すのは結構大変でした・・・

・0円で住めるところ

・なんならお給料もでるところ

・女性でも宿直できるところ

・学生なので週3でも働けるところ

今見ても、結構この条件はわがままだったと思います笑

女性だと宿泊OKなところがセキュリティ上少ないので、根気強く探し続けて下さい。

 

面接ってどんな感じ?資格いるの?

面接に関しては全部日本語で、特に「英語を話してみて!」と言われることもなかったです。私が受けた所に関してはなので、他はもしかしたら求められるかもしれません。

受かった後にスタッフとしてどんなポイントを求めているのか聞いてみたんですが、

・メールの丁寧さ(やっぱり接客業なので)

・なぜゲストハウスで働きたいのか

・ゲストをもてなそうという気概があるか

やっぱりスキル<気持ち なんですね。

 

ぶっちゃけ住んだらどうなの?

f:id:saorishinoda1214:20171123022147j:plain

めっっっちゃ狭いですが、めっちゃ楽しいです。他人との共同生活が平気な人は是非住んで欲しい。渡しの場合、2畳の縦長の倉庫スペースに、ピッタリ二段ベットをしまったようなところに住んでいました。一段目に服とか諸々の荷物を入れていて、二段目で寝泊まりしてました。寝返りは打てないし、勢い良く起きるとデコが「ゴンッ」ってなって朝からつらいので、ゆっくり起き上がってました笑

しかも扉がリビング直結なので、ガラガラって開けると「Oh!! Ninja!!!」とかよく言われてました。忍者じゃないよ・・・。

なにが楽しいの?

とにかく外国人の人と、日常的に仲良くなれます。スラングとかも教えてもらえるし。TOEICみたいなキレイな英語を勉強してても、全然聴き取れなくて焦ります。でも、基本日本にきてるってことは、日本が大好きで来日していることが多いです!みんな本当にフレンドリーでした(・∀・)なので、多少英語話せなくてもすぐ仲良くなれますよ!

後は、色んな考え方の人と仲良くなれるので自分の悩みがちっぽけに感じられるようになります。私は当時就活中だったんですが、「俺なんて30すぎて放浪してるぜ!job Recruitingくらい気にすんなよ!」みたいな人が沢山くるので「あ、自分全然だいじょうぶなんだな」と思えるようになりました。いい意味で固定概念がなくなるのでオススメです。

 

まとめ

0円で英語が覚えられて、海外の友達が世界中にできて、お金もたまります。浅草0円ゲストハウス生活はマジでおすすめです。高いお金を払って留学を考えている人は、是非一度この道も考えてみて下さい^^

 

次回予告

ゲストハウス生活で出会った面白すぎるゲストさん達をご紹介します。お楽しみに(・∀・)

 

ビリギャル的就活のすすめ

f:id:saorishinoda1214:20171122024042p:plain

こんにちは!

「ビリギャル的スペックだった私が第一志望の企業に受かるまで 」の話を色んな就活生にしていたら、「なんかまとめて記事にしてください!」との要望が上がったのでまとめてみました。こちらの記事も反響大きかったのでさくっとツールだけ知りたい方はこちらへどうぞ↓

saorichako.hatenablog.com

 

 

 

当時のスペック

・大学:日本女子大学・英文学科

・開始時期:大学3年の夏

インターン経験:なし

・留学;なし

・バイト :飲食系5個くらい

ガクチカ:飲食のバイトリーダー

・強み:協調性がある

以上。

 

f:id:saorishinoda1214:20171122010806j:plain

 

初期(2015/6~2015/12)

 

f:id:saorishinoda1214:20171122011232j:plain

<当時の心境>

就活を始めてみたものの、何から始めたらよいか分からない。しかも、面接やグルディスに参加すると他の学生のスペックに勝てずにとにかく落ち込む・・・・。就活の志望動機もとにかく浅いものだったので、ちょっと質問されるとどもる。

面接行く→社会人に詰められる→凹む→就活相談課に行く

というルーティーンを繰り返していた。

 

 

<志望企業>

・味の素などの食品超大手

・食品メーカー

・食品商社

 

<使っていたツール>

マイナビ

リクナビ

・大学の就活相談課

 

<やっていたこと>

・大学の就活相談課に相談にいく

マイナビリクナビからインターンを探す

 

 

中期(2016/1~2016/12)

f:id:saorishinoda1214:20171122011639j:plain

<当時の心境>

沢山の面接やグルディスに参加する中で、優秀な学生の影響を受け始める。どうやら、彼らはベンチャーというものの面接にとにかく参加しているらしい。優秀な学生とガンガン出会うため、とにかく彼らの行動を真似し続けることにした。Goodfindというサイトでベンチャー志望の学生は企業を探していたので、私も負けじとGoodfindに登録して、ベンチャーに応募しまくるようになる。それでも志望動機は浅いままなので、自分のスペックと志望動機を武装する必要があると判断。幸いにもmatcherで出会った社員さんにインターンに誘っていただいたため、人生初の長期インターンにありつけることになった。実際に社内で業務を経験する中で、自分の「好みの働き方」ベンチャーであると気づく。インターンの経験で自信がつきはじめ、社会人に積極的に会いにいけるようになる。

また、「構造化して物事を話せない」ことが致命的に面接に響くと気づいたので、「地頭を鍛える系」「フェルミ推定」の本を読み漁るようになる。→自分の志望動機をストーリーだてて話せるようになる。

2017年秋、念願の第一志望に受かる。

 

<志望企業>

・勢いのあるITベンチャー

・ITコンサル系

 

<使っていたツール>

・matcher

・yenta

外資就活.com

・Goodfind

wantedly

Googleカレンダー(予定管理に必須)

 

<やっていたこと>

・Rettyの長期インターンを始める。(飛び込み営業→SEOチーム→営業企画)

・スタバのバイト

・フィリピン留学(1ヶ月)

・短期インターン渡り歩き

・週4面接設定

・週4社会人とランチ

フェルミ推定の勉強

地頭力を鍛える本を読みまくる

 

※大変お世話になった本一覧。これだけ読んでおけば十分だと思う

地頭力を鍛える 問題解決に活かす「フェルミ推定」

地頭力を鍛える 問題解決に活かす「フェルミ推定」

 

 

 

 

 

過去問で鍛える地頭力 外資系コンサルの面接試験問題

過去問で鍛える地頭力 外資系コンサルの面接試験問題

 

 

 

終盤(2017/1~2017/4)

f:id:saorishinoda1214:20171122011919j:plain

<当時の心境>

・何十人もの社会人への壁打ち

・50社以上での面接

インターン経験

から、自分の軸がかなりはっきりと明文化できるようになる。そこで始めて、自分の第一志望だった会社が自分の目指す方向性と一致しないことに気づく。その結果、第一志望のITコンサルを蹴って、インターンでお世話になっていたRettyへの入社を決める。この段階で、他の企業からのオファーもいただけるようになる。

 

<志望企業>

・食×ITのベンチャー

・ITコンサルのSE

 

<使っていたツール>

・茶会人

・matcher

・yenta

外資就活.com

・NEWPICKS

wantedly

Googleカレンダー(予定管理に必須)

 

<やっていたこと>

・面白い学生と会える場所に行く

 →メルカリのGO BOLDはオススメ

 

saorichako.hatenablog.com

 

・週3面接設定

・週2社会人とランチ

・食の交流会を開始

Javaの勉強を始める

・Techcampに通う

Macを買う

・社会人に週3で会う

 

まとめ

f:id:saorishinoda1214:20171122021936j:plain

・スペックが低い間は、とにかく行動量を増やせ

・軸が無い内は沢山の意見を聞いて自分の中心地を探せ

・経験がなければ、就活途中でも作れ

 

スペックが無い内は、人よりも行動量を多くしないと致命的だなぁ、としみじみと感じました。はやくやり始めるに越したことは無いのですが、出遅れて焦ってしまった人は、私のやり方が参考になるかと思います。どんなにどん底からでも、頑張ればどうにかなります。(正しい方向にさえ頑張れば・・・)私はかなり遠回りになってしまったので、他の人にはもっと早くストレートな道を歩んでほしいです。

 

それでは!(・∀・)